澤田流寝坊した時の対応法

寝坊しました

今日は寝坊しました。

1:30くらいに寝 て5時くらいに目が覚めました。

二度寝して目を覚ましたらちょうど9時でした。出社時間は9時です。

「あぁ」

僕は先週も遅刻してしまったのです。二週連続の寝坊。

ケータイをみるとマネージャーから「寝坊か?」とメッセージ。

ロックを解除せずに再び布団に潜ります。

この時自分の頭の中には二つの考えがあります。

 

①うわぁ二週連続で寝坊しちゃった〜

②何時までダラダラ家にいることができるかな。何時に起きたことにしようかな。

 

やっちゃったという思いはありましたが、起きたことは仕方ないです。

これから最大限のパフォーマンスをするためにはどうすればいいかを考えればいいんです。それが僕の中の②です。

学校サボった日に似た感覚です。少し心にあるソワソワ感と反対にユラユラとした時間が流ます。その違和感のある時間に僕はいつも妙に興奮します。

 

ベッドの上でスケジュールを確認。10時から健康診断があります。

これは行っておかないと後から面倒くさそうなのでいかなければなりません。

「寝坊しました、申し訳ございません。10:00から健康診断があるので終わり次第出社します。」とマネージャーに返信し、仕方なく身支度を初めて出社しました。

 

出社してからは当然謝罪しましたし、反省した雰囲気で仕事に取り掛かりました。

仕事はチームで行うものです。遅刻してきた奴がヘラヘラしていたらいい気分になる人はいないでしょう。

今日の場合心に余裕があってもそれを態度に出してはいけません。

 

心に余裕を持つことの重要性

二週連続寝坊なんて本当に情けないことだと思います。

僕は本当はもっとヘコんで反省するべきです。

ですが、全く反省していないようなことを上に書きました。

マネージャーや他のメンバーにこの記事を見られたら失望されるかもしれません。

 

ただこれが澤田流寝坊した時の対処法です。

意識していることは二つあって、

 

常に余裕を持つこと

余裕がある男のほうが女性からモテます。

仕事も同じで、余裕がないと仕事から嫌われてしまうと考えています。

 

自分にネガティブなプレッシャーを与えないこと

寝坊したから頑張んないと...。これでは萎縮して成果は出ません。

プレッシャーはポジティブなものしか与えてはいけません。

僕は目標達成したら昇級できる!とかこれができれば格好がつく!とかプラスのプレッシャーしか与えません。

それはいつでもワクワク楽しみながら仕事をするためです。

 

以上です。寝坊して焦って出社している途中に交通事故なんかにあっちゃったらどうするの!いつも心に余裕を。

※反省の演技は大事!(僕もまだできてない...)

※そもそも寝坊しない!

 

広告を非表示にする